Go to Top

『有機JAS乾燥椎茸の取り組みについて』きのこ問屋の社長コラム

『有機JAS乾燥椎茸の取り組みについて』 きのこ問屋の社長コラム
Pocket

 
有機乾し椎茸の”香信(こうしん)”という規格。
肉厚の冬茹(どんこ)に比べてカサが少し開いた椎茸です。
 
 

『有機JAS乾燥椎茸の取り組みについて』

 
いつもバイオコスモ通信をお読みいただき有難うございます。

6月は「水無月」とも言い梅雨の季節です。
洗濯物の乾きが悪いし嫌な季節ですが、この梅雨の季節が無いと良いお米が育たないのです。
水不足になる事を考えたらこの時期に沢山の雨が降ってくれる事はとっても良いことなのですね。
想定外の集中豪雨は勘弁してほしいですが。
きのこにとってもこの雨は自然の恵みの有りがたいものなのですよ。

さて、話は変わりますが実は先月からついに弊社も『有機JASの乾燥椎茸』の販売を始めました。
しかも昔ながらのホダ木で栽培した有機椎茸なのです。
愛媛県伊予市で原木栽培を行っている大野正純さんが有機JAS基準で栽培した原木椎茸を乾燥して弊社へ納入し、有機JAS小分け認証を取得した弊社が選別・検品をして袋詰めして出荷しています。
 

≪弊社の社員に椎茸の乾燥工程を教える大野さん≫

①『有機JAS乾燥椎茸の取り組みについて』 きのこ問屋の社長コラム

この大野正純さんの椎茸の特徴は香りが強いので冷水で一晩戻すととても良いダシが取れます。
もちろん椎茸そのものもしっかりと味が出てとても美味しいです。

弊社では現在デリカ部の従業員がこの有機JAS椎茸で『椎茸ポタージュ』を開発中です。

出来上がりを楽しみにしていてくださいね。
それではまた、6月の自然の恵みの梅雨をお楽しみください!
 
 

≪有機乾し椎茸の販売をご検討していただけるお客様へ≫

有機乾し椎茸のお取り扱いをご検討していただけるお客様は、ぜひ業者様向けのサイトBIOCOSMO.BIZよりお問い合わせをお願いたします。

有機JAS乾燥椎茸の取扱いを開始いたします|BIOCOSMO.BIZ

 
 

Pocket

, , , , ,
市岡 隆司

About 市岡 隆司

株式会社バイオコスモ、代表取締役社長 市岡 隆司。 きのこ問屋を営んで25年。 今でも自分の足できのこ産地を回り営業回りもします。 モットーは『仕事に携わったすべての人が幸せになれる会社に』。 会社は神奈川県にありますが出身は岐阜県。 ※メールアドレスはダミーです。